日本酒 利酒師 上仙裕一

日本の伝統と文化をこよなく愛する日本酒の伝道師『利酒師 上仙裕一』のオフィシャルブログ

2011年05月


  • たぶん、僕がすべきこと、、、ひとつのプロジェクトから、目を離さずにやる、精神力を持つこと。不安になったり、泣きそうになったりするけど、それに負けないようにする。ホントに自分のやることって意味あるのかなって、考え込んじゃうんだ。 #
    Posted at 5月31日 22:35:39

  • 東北の支援で出来ることの、ディスカッションに参加させていただきました。相変わらず、お酒の今後についてしか興味がなかったのですが、それがこういった他業種の中で話すと、彼らには無い側面であり、僕の武器であるということにおもったりしました。 #
    Posted at 5月31日 22:32:46

  • うーん、やはり今週の予定が崩れまくってる。。明日、家を借りて、ほっと一息のはずが、振り出しになっちゃったから・・・ #
    Posted at 5月31日 03:00:41

  • 【質問:フォロワーの方ご回答を!】上仙がやることのイメージって「日本酒」が強いですか?あとは、主催側のトップでやっているとか・・・? #
    Posted at 5月31日 02:08:22

  • 津田さん(@tsuda)のツイートを見て、あわてて「icon」をチェックすると、なんか疲れ果てた感じの津田さんが・・・。ぜんぜん、話変わりますが、津田さんってお酒たしなまれるんですか? #
    Posted at 5月31日 01:59:54

  • システムのバックアップは完了です。というか、日本酒以外にもITもちょいかじってるというだけですが・・・。明日は住宅周りと、夜が「食と東北のあり方」のディスカッションがあり、頭をこねてきます。ぜんぜん、整理されてない自分の頭。。。 #
    Posted at 5月31日 01:34:07



  • データ移行がおもったよりスムーズにいきました。このあとは細かい最終確認だ。なんか、日本酒らしくない。。。 #
    Posted at 5月30日 19:28:44

  • 月曜、火曜はデータ移行で終わりそうな日々。金曜がかなりの大きな山場。。自分も相当ビビッてますが、彼らが動いてくれたら、マジに日本酒の道が開けると思われるので、やってみるのみ。頭の中をフレッシュな状態で、いけるようにコンディションを整えたい。 #
    Posted at 5月30日 01:12:48

  • 今回のイベント、来ていただく人数に大苦戦中。自分=日本酒という位置づけであったり、アーティストの選考などですべて自分がやっていると思っている方もいるみたい。そして、なにより、いままであまり自分で人をお誘いすることになれてないのもあるのかもしれない。 #
    Posted at 5月30日 01:04:12

  • RT @xxuniunixx 【RT願】「あなたの家で眠っているCD、子どもたちに届けませんか?」uni.主催「L.A.M.P」6/4(土)11:30~@渋谷Milkyway→ http://uni1204.jimdo.com/ #
    Posted at 5月30日 00:49:22


この企画は当初、僕自身はもうだめかなと思ってました。

震災後、自分自身もすごく考えました。考えすぎてました。

その久々のイベントが、音楽と言う形ですが、やらせてもらいます。


震災後、自分自身かわったことがあります。

というのも、うちは東京ですが、津波警報の地域でした。

サイレンみたいのも鳴ったり、すぐ隣は断水とかしているし、地盤沈下もしてる。


そんなとき、ラジオの存在であったり、音の存在と言うのは安心感を持ちました。

東北では、個々に音楽機器があまりいっておらず、それのすこしでも役に立ちたいともおもっています。


わたしじしんは、下記のしげもりさんの担当をメインにさせてもらっています。彼女は震災と同じ時期に起きた、長野県の栄村に行っており、また違った視点でのお話しと唄を聞かせてくれます。

これだけでも、見に来てほしいですし、このあとに上仙裕一としても、別途やるべき次のステップにもなってきます。


・繁森由梨佳:おもわず聞き入ってしまう心に響く音楽。女性必見!!!!
2009年LadyLittleGirlAuditionグランプリ受賞。
浜崎あゆみ、kinkikids、伊藤由菜Cocco、などのプロデュースで知られるHAL氏のプロデュースで2011年4月6日デビュー。



---------------------------------------------
【被災地支援のチャリティライブイベントのご案内】

避難所で生活を送る10代の若者たちに、
「普段、聴いていた音楽」を届けたい!!

そんな思いのもと、我々uni.は、6月4日(土)渋谷Milkywayにて、
音楽チャリティライブイベント「L.A.M.P」を開催致します。


■収益は、避難所に音楽プレイヤーを届けるために!■
イベントで得た収益で、音楽プレイヤーを購入し、
歌津中学校で避難所生活を送る若者たちに届けます。
当日は、プレイヤーとともに現地に送るCDの寄付も募ります。
CDを1枚以上お持ちくださいましたお客様には、
ドリンク代をキャッシュバック致します。是非、ご協力を!!

■こっち(東京)で楽しむ=支援につながる?■
無理をしながら支援したんじゃ本末転倒!!
「楽しんでいたら、支援につながる」
そんな形を目指したい!!

■出会ったことのない旋律を■
甘い歌声とメロウな曲調、優しく包み込む、癒しの音楽
Cross the Neighborhood

元気に弾けるお祭りロック!!
観客を楽しませるステージパフォーマンスは必見!!!
Over Vehicle

ソウル、ファンク、ロック、ポップス…etc
様々なジャンルのアーティストの方々が協力してくれました。
もしかしたら、新しい音楽に出会えるかも!?

■イベント情報■
「L.A.M.P」
~届けよう、みんなの歌~

日時:
6月4日(土)11:30~14:30

会場:
渋谷Milkyway(東京都渋谷区宇田川町4-7トウセン宇田川ビル3F)
URL : http://www.shibuyamilkyway.com/

チケット料金:
前売)2100円+1d /当日) 2500円+1d
※CD持参でドリンク代キャッシュバック!

主催:イベント企画団体 uni.
連絡先:
09062563908(代表 橋本)
uni1204.t@gmail.com(uni.)

■出演アーティスト■

・繁森由梨佳
http://shigemoriyurika.com/index2.html

・Over Vehicle
(web : http://overvehicle.com/pc/index.html)

・Cross the Neighborhood
(web : http://ip.tosp.co.jp/i.asp?guid=on&I=C_T_N)

当日までの動きはコチラをチェック!!
一緒にライブを盛り上げてくれる仲間も募集!!
6月2日(木)に直前の打ち合わせを行います。
web : http://uni1204.jimdo.com/
blog : http://ameblo.jp/uni1204/
twitter : http://twitter.com/#!/xxuniunixx

渋谷駅・新南口近くのクラブ「Club AXXCIS」(渋谷区渋谷3)で5月29日、日本酒の試飲イベント「浪漫酒飛行(ろまんしゅひこう)2011」が開催される。(シブヤ経済新聞)

日本酒を主力にする居酒屋「串駒」(豊島区)で7年ほど働いていた古賀哲郎さんが企画した同イベント。同店で働いていたころから試飲会などに参加していた古賀さんは、数多く開催されているにもかかわらず「内容が似ている」ことや、日本酒ファンや飲食店関係者など毎回「同じような人が集まる」ことから「蔵元にも得がない」と感じていたという。

そうした中、大阪で開かれているイベント「愛酒でいと」に参加し、従来の試飲会とは異なるスタイルに感銘を受け、「東京でも開いてみたい」と今回のイベント開催を決意。「串駒」のほか、各地の銘酒30種ほどをそろえる「和Dinningななみや」(豊島区)、日本酒専門居酒屋「酒徒庵」(新宿区)、日本酒バー「螢月」(豊島区)、日本酒約50種をそろえる居酒屋「ひまり屋」(武蔵野市)など、古賀さんが日頃から付き合いのある約10店の協力で開催にこぎ着けた。当日、協力する飲食店スタッフが蔵元と共にブースに立ち、酒をつぐ手伝いも。

従来はホテルの宴会場などで開かれることが多い試飲会だが、「雰囲気を変えたい」とクラブを会場に選んだ。日本酒は飲むがイベントには参加したことがない人など「初心者」の来場を呼び掛け、「日本酒の輪を広げましょう」をコンセプトに3フロアを使い「屋台村」を開く。

今回参加するのは、秋鹿酒造(大阪府、「秋鹿」)、亀泉酒造(高知県、「亀泉」)、御祖酒造(石川県、「遊穂」)、曙酒造(福島県、「天明」)、せんきん(栃木県、「仙禽」)、福禄寿酒造(秋田県、「一城水成」)など12の蔵。

古賀さんは「初めての方にはおいしさを伝えやすい蔵が集まる。知っている人からすれば、ありえない豪華なラインアップ」と自信を見せる。会場内では、協力店の手作りフードや秋田県の郷土料理「ハタハタずし」、土佐の郷土料理「ウツボのたたき」など参加蔵に関係のある料理を提供する。

 「大きい居酒屋のような感じで気軽に足を運んでいただき、バックボーンを知る機会になれば」と古賀さん。「日本酒が戦後最もおいしい時期といわれている中、売り手不足も感じる。(イベントを通じ)飲食店の人たちにも良い経験になれば」。今後は定期開催を目指す。

開催時間は14時~19時。入場料=1,900円(1ドリンクまたは1フード付き)で、場内チケット=1,500円(ドリンクまたはフード引換券5枚)。現在イープラスのほか、協力飲食店で手売り販売している。当日は先着500人に陶芸家・矢野孝徳さん作のちょこを進呈。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110519-00000047-minkei-l13より

このページのトップヘ