日本酒 利酒師 上仙裕一

日本の伝統と文化をこよなく愛する日本酒の伝道師『利酒師 上仙裕一』のオフィシャルブログ

カテゴリ: 東日本大震災(東北関東大震災)

東日本大震災で、東北地方を中心に多くの酒蔵が被害を受け、東北地方の日本酒の出荷量は、一時大きく落ち込みましたが、その後の支援の動きもあり、出荷量は前の年を上回るまでに回復しています。

国税庁によりますと、東日本大震災で被害を受けた酒蔵やビールなどの工場は、東北地方や関東地方など12の県で221か所に上りました。このうち17か所は建物が倒壊するなどの大きな被害を受け、中には別の場所に移転せざるをえなかった酒蔵もあります。

日本酒造組合中央会によりますと、震災が起きたことし3月の日本酒の出荷量は、東北地方全体で前の年の8割ほどに減り、中でも被害が大きかった宮城県では55%、岩手県で61%、福島県で78%にまで落ち込みました。しかし、その後、被災地の酒を消費しようという支援の動きが広がったこともあり、出荷量は徐々に回復し、ことし8月には東北地方の6県すべてで前の年を上回りました。

一方、茨城県では、ことし8月の出荷量が前の年の60%ほどにとどまり、厳しい状況が続いています。

10月12日 17時44分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111012/t10013211061000.htmlより抜粋

2011年3月11日 午後2時46分。
未だ経験した事のない揺れと津波が東日本を襲った。
瓦礫の町。奪われた生活。非日常を懸命に生きる人々。
6月8日現在、死者1万5391人、行方不明者8171人、
避難所生活を続けている方 9万3379人。

地震と津波から4か月を経て、被災地を生きる人々を追う。
震災で人生が変わってしまった、変える事になった、様々な人に
丁寧に寄り添う“人間ドキュメント”をオムニバス形式で紡いでいく。


今、自分は何ができるのか?

3月11日以降、多くの人々が、
それぞれの立場で、それぞれの心に問いかけ、
それぞれの行動をとったように思います。

ボランティアに立ち上がったたくさんの人々。
芸能界、スポーツ界にも広がった支援の輪。
天皇皇后両陛下は自主的に計画停電をされ、
各県の避難所を回られました。

では、テレビを作る自分たちは何ができるのか?

今回の番組は、未曾有の震災を受けて、
個々のディレクター陣が、
何を撮ればいいか、何を伝えればいいか悩みながらも、
それぞれの立場で、それぞれの思いで、
見つめていく、震災の記録です。

取材内容(予定)
◆1枚の写真から辿る被災地~岩手の名酒蔵再興を見つめる
◆被災した実家をどうする?TVディレクターである息子が見つめる家をめぐる決断
◆震災で何を報じるか 地元テレビマンが見つめた震災


4人のディレクターが見つめる被災地
▽被災地からのメッセージ72人の4ヶ月
▽被災局ディレクター感じる福島の今
▽母親が被災…その時ディレクターは
▽老舗酒造復興を追う

http://tv.yahoo.co.jp/program/44509250/より

東北震災でいま出来る事を自分が何かを通して、学生さんや20代の人への気付きを持ってもらって、一緒に活動できるようなことが出来たらと思っております。

ぼく以外にも5名のスピーカーの方がおりますので、ぜひ遊びに来ていただけると嬉しいです。

上仙裕一様(@osakekun)・安部敏樹様(@toshikiabe)・門馬優様(@you0301st)・大寺剛様(@OHDERA)・谷田脩一郎様(@ichiro1122)の皆様をお呼びしております。


○+●+○+●+○+●+○+●+○
考え抜く。
想いを強くする。
手と手を取り合う。

第2回『若者フォーラム』
~私達だからこそできること~

7月1日(金)開催!!
○+●+○+●+○+●+○+●+○

2011年3月11日14時46分。
マグニチュード9.0の地震発生。
未曽有の大震災。

「何か力になりたい」
高ぶる想い。

だけど、
お金も知識も経験も
足りない私達若者。

「“できること”は何だろう?」
模索し続けた3ヵ月。


微力かもしれない。
無力と感じることもあるかもしれない。

でも、
力になれることが必ずある。
“できること”が必ずある。

未来の日本を支え担っていく私達若者として、
復興を最後まで見届けることのできる私達若者として、
7月1日(金)、共に考え共に歩んでいきましょう!

■□-----------
お申し込み
-----------□■
http://p.tl/xNZA (定員100名)
(定員になり次第、締め切らせて頂きます。)

■□------------
企画の概要
------------□■
日程:7月1日(金)
時間:19:00~21:50(受付18:30~)
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
参加費:500円(会場費、飲み物代含む)
規模:100名
対象:若者(高校生、大学生、専門学校生、その他)
※上記対象外の方も、ご観覧することができます。
アクセス:小田急線「参宮橋」駅 徒歩7分
所在地:東京都渋谷区代々木神園町3-1

■□----------
プログラム
----------□■
18:30 受付開始
19:00 プログラムスタート

○SET団体紹介
○様々な支援のご紹介
○ワールドカフェ
○交流タイム

21:50 終了
※予定が多少変更する場合がございます。

■□---------------
お問い合わせ
---------------□■
質問やご要望がある方は、
お気軽にお問い合わせください。
set.forjapan@gmail.com
※件名に「若者フォーラム」とお付けください。

☆------------------------------☆
■主催■
東日本大震災に際して発足。
― 学生の非営利組織 ―
【SET】(Students Emergency Task force)
MAIL:set.forjapan@gmail.com
BLOG:http://ameblo.jp/set-japan/
発起人代表:吉田勇佑(@hoichel)

■企画責任者■
煙山美帆(@michannel16)
☆------------------------------☆

ご参加心よりお待ちしております。

ニッポン放送では、東日本大震災被災地支援のため、

「ひとつになろうニッポン」キャンペーンを展開していますが、

その一環としてニッポン放送1階エントランスおきまして

「ひとつになろうニッポン かんばろう郡山!観光物産フェア」を開催し

風評被害とたたかう福島県郡山市の特産品の販売を致します。

当日は福島県出身で、東日本大震災発生時も福島県で被災をした

歌手の紅晴美さんや、ミス郡山も登場し、被災地へのエールを送りますので

是非、有楽町ニッポン放送へ足をお運びください。

日時 : 2011年5月11日(水) 12時30分~(売り切れ次第終了)

場所 : ニッポン放送1階エントランス(千代田区有楽町1-9-3)

販売特産品 : 米・野菜・酒・薄皮饅頭など(予定)

http://www.1242.com/information/saigai/2011/05/post.htmlより

宮城県、一ノ蔵さんの日本酒試飲情報です。
http://www.ichinokura.co.jp/
もし、近くを寄る機会がありましたら、ちょろっと立ち寄っていってみてください。

【宮城県外】
5月4日~5月10日  東京 高島屋 東京店 地下1階酒売場
http://www.takashimaya.co.jp/tokyo/

5月7日~5月 8日  東京 みつや(阿佐ヶ谷 時間15時~20時)

5月11日~5月15日 東京 宮崎屋球三郎商店(成城学園前)
http://www.miyazakiya.co.jp/

5月12日~5月14日 札幌 東急百貨店 札幌店 地下1階酒売場
http://www.tokyu-dept.co.jp/sapporo/

5月18日~5月24日 東京 三越 日本橋店 地下1階酒売場
http://www.mitsukoshi.co.jp/shop?EcLogicName=storeinfo.storetopInfo&tenpoCd=10

このページのトップヘ