日本酒 利酒師 上仙裕一

日本の伝統と文化をこよなく愛する日本酒の伝道師『利酒師 上仙裕一』のオフィシャルブログ

タグ:日本酒

P2097206
明日10日(金)から始まります「I♥LOVE SAKE日本酒マニアック博 in 東京」の前日発表会にお邪魔させていただいてきました。
P2097209

色鮮やかな展示で、入り口からびっくりしましたが、日本酒ワールドがここぞとばかりにありました。

P2097268
 
普段の日ですと、人がたくさんいらっしゃるかと思いますので、ちょっと「5往復」ぐらいさせていただきましたが、「あれ、さっきは目には入ってこなかった」という、もーう、これでもか、という展示で、ちょっとクスクスとなったり、ほーう、となる展示でした。

P2097208
 
1回で、全部を知ってやるぞというより、ぜひ、1回、2回、3回と(わたしは、あと2回はお邪魔させていただくと思いますので、お見かけしたら、どうぞよろしこです)、いかれて、日本酒の世界をご堪能されてみてほしい展示です。

P2097292

 
※詳細
PARCO MUSEUM パルコミュージアム 池袋パルコ 本館7F
東京都豊島区南池袋1-28-2
2017/02/10 (金) -2017/03/05 (日) 10:00~21:00
※2月15日(水)は休館※
※最終日は18:00閉場。 
※入場受付は閉場の30分前まで。
一般500円・学生400円(税込)・小学生以下無料
◎有料入場の方には、日本酒または甘酒のちょこっと試飲付き!
※日本酒の試飲をご希望の方は顔写真付き身分証をご持参ください。未成年の方、泥酔されている方、自動車や自転車を運転される方、顔写真付き身分証明書をお持ちでない方は日本酒を試飲いただけません。


P2097413

ここは、強調して書かせていただきますが「2月15日(水)」は「休肝日」でございます。
パルコの方々も、この日はお酒のことを考えてないことにされるみたいです。いったら、「ああああ、やってなーーーい」という日がありますので、ご注意してください!

P2097312
あと、余談ですが、ぼくは方向音痴のため、池袋で迷子になりました。(30分、さまようよろい状態でした)その際は、西武デパートであったり、東武デパートであったりのインフォメーションというのがあります。
西武さん、PARCOへ行く方法を2通りも教えてくださりました。(たぶん、息切らしてたのがバレたかも・・・)

15977494_10206827499920714_3964175801003392658_n
2017年、飲みはじめ(この三種類を飲みきるのに、1時間半かかる)。今年もゆっくり、大切に日本酒を☆

お店情報
ぬる燗佐藤 御殿山茶寮(ぐるなび)より

〒108-0074 東京都港区高輪3-26-27
エキュート品川2F
JR 品川駅 徒歩1分 (駅構内)

・営業時間
月~土 11:00~23:00(L.O.22:00)
日・祝日  11:00~21:00(L.O.20:00)



 

奥播磨 写真

本年2017年もよろしくお願いします。
 
・僕のことは嫌いになっても、日本酒のことは嫌いにならないでくださいという精神(なにかをやるということは、摩擦があるのだから、嫌われることは絶対にある。でもそれを恐れずに)。
 
・派手さを求めず、着実に。

みなさんみたく、お写真付きのいい感じではないですが、よろしくおねがいします。

と、facebookでは書いていたのですが、ちょっと懐かしく、蔵元実習のときのお写真を! 


山田錦杯 15317736_10206576766612538_8604017031098632874_n

12月07日(水)の園田競馬で行われる、酒米の王様「山田錦杯」があるとのこと。日本酒っぽいお馬の名前がいなくて、残念。大外枠にウインゴスペル号に山田騎手が騎乗してるが、果たして。

山田錦杯 15337442_10206576822933946_5152895296027884769_n

発走時間は15:55。
競馬とは関係なく、もしご覧になってみたい方は
地方競馬ライブ」で生中継かアーカイブでもご覧になれます











 


13692966_10205671237014864_5120667248294874621_o

第2回「熟成古酒が出来るまで」

 1.熟成古酒の製法について
~3年、5年、10年、20年などと「達磨正宗」熟成古酒の製法を解説致します~
 
2.熟成期間別古酒の比較テイスティング
~以下5種類の熟成古酒の比較テイスティングを行います~
①達磨正宗 熟成三年
②達磨正宗 五年古酒
③達磨正宗 十年古酒
④達磨正宗 古酒用仕込み新酒
⑤達磨正宗 二十年古酒
 
3.熟成古酒の温度別比較試飲(冷や・常温・燗)
~達磨正宗三年古酒を、冷や、常温、燗で飲み比べ、適切な飲用温度帯を見極めます~
 
4.熟成古酒と料理の相性体験
~達磨正宗三年古酒を中心に、以下料理とのペアリング体験を行います。
①鰻の蒲焼き ②熟成生ハム
③パルミジャーノ・レッジャーノ24ヵ月熟成
④麦チョコ
⑤バニラアイスクリーム

FBOさんがされているイベント会のプログラムにお邪魔しました。


13719543_10205671243535027_386552672982929167_o

今夜は「熟成古酒が出来るまで」というイベントにお邪魔させていただきました。

白木恒助商店さん(岐阜県)の「達磨正宗(だるままさむね)」という古酒。
 
達磨正宗さんを味わう機会というのは、長期熟成酒研究会さんが催されているイベントぐらいでしかなかったのですが、こうして初めてゆっくり味あわせていただく機会は嬉しい機会になりました。

13731811_10205671240614954_3274773381313179603_o
 
 
いままでは、立席で達磨正宗さんをいただいてましたが、こうして、座りながらいただくと、「かみしめる」ように飲むことが出来たためか、お酒の味わい・香り・余韻は、日本酒というカテゴリーを超えた「日本酒の新世界」なのか、「なんなんだ、このすごさは!」ということを堪能させていただきました。
 
13679914_10205671243855035_2173398981190297451_o

 
感じたことがない、世界観にいい言葉が見つからないっす・・・「すごい」というか、なんだろう、英語で言うならば「Great!」という感じなんですが・・・

 13698171_10205671244175043_1399751728429109504_o
達磨正宗を醸されている、白木さんが「古酒と言ったら達磨正宗」ということを、お話しされていて、ぼくもなんとなく、そんなイメージを描いてましたがそれが「確信」になる会でした。



PS:感動の余韻に浸ってたためか、お酒たちのお写真を詳しく撮り忘れたのは言うまでもありません(苦笑)



白木さんのブログでも「熟成古酒の魅力に迫る!セミナーで講師をさせていただきました。」ということでご紹介されておりますので、あわせて読んでいただけると嬉しいです!


 

このページのトップヘ