日本酒 利酒師 上仙裕一

日本の伝統と文化をこよなく愛する日本酒の伝道師『利酒師 上仙裕一』のオフィシャルブログ

タグ:獺祭


日本酒スイーツ 12741885_10204690342133105_2790747094849974209_n

日本酒スイーツたちがここまでズラ~リとあるのは圧巻

日本酒スイーツ 12688306_10204690342253108_4426302639161019172_n

キットカットのは微妙という声が多かったかな・・・

日本酒スイーツ 12705561_10204690342653118_6547594332883728483_n

手作りのもあったりして、黄色い声援がおおかったです

日本酒スイーツ 12688182_10204690342533115_7807617886417940881_n

獺祭(だっさい)さんのは、ちょっとオトナな味を漂わせてました




カンブリア宮殿に山口県の旭酒造「獺祭」が登場します。

日本酒の市場が縮み続ける中、倒産寸前の“負け組”酒蔵がトップに躍り出た理由とは? 
1月16日(木)の『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)は、純米大吟醸酒「獺祭」が大人気、山口県・旭酒造の“大逆転経営”に迫る。

この40年間で日本酒の市場規模は3分の1にまで縮小している。
そんな中、破竹の勢いで売り上げを伸ばしているのが、山口県・旭酒造の純米大吟醸酒「獺祭」だ。社長の桜井博志は1984年、父の急逝により34歳で酒蔵を継いだ。

当時の旭酒造は山奥の小さな酒蔵で、販売不振にあえぎ、県内でも“負け組”だったという。
ところが2012年、旭酒造は純米大吟醸酒のトップメーカーに躍り出る。売り上げもこの1年で56%アップの39億円。注文に生産が追いつかないほど人気の日本酒になった。

地方の小さな酒蔵にいったい何が起きたのか? ピンチに挑み続けた大逆転経営が明らかに!



■『カンブリア宮殿』
2014年1月16日(木)22:00~22:54(テレビ東京系)

【ゲスト】旭酒造社長 桜井博志
【メインインタビュアー】村上龍
【サブインタビュアー】小池栄子



また、講演をされている様子が登場されるかと思いますがそちらは昨年2013年11月11日(月)
早稲田大学の大隈ガーデンハウスにて行われた講演です。
http://www.waseda-icc.jp/?p=15487







【購入できるお店】
はせがわ酒店
酒の勝鬨

【Twitter】
・おさけくん(https://twitter.com/osakekun
・獺祭(https://twitter.com/DassaiSake

【Facebook】
日本酒 利酒師 上仙裕一
獺祭

【読み物として】
品質の良さは新鮮な「見た目」で表す! 従来の「旭富士」から「獺祭」に銘柄を統一|逆境経営 ~山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法~|ダイヤモンド・オンライン

【ブログでも注目】
獺祭(だっさい)10年前の感想から…桜井社長、カンブリア宮殿に出演。
今日の【カンブリア宮殿】は 獺祭 が出ます!!|季節彩酒 土井商店のお酒Blog ver.2.5
渋谷日本酒 獺祭|渋谷日本酒専門 地酒一路米心
酒蔵 on TV しらたまにゃん
獺祭(だっさい)の意味と種類!日本酒やスパークリングの値段は? 芸能エンタメニュースNavi
ワインと地酒武田 &地酒の幸吉 カンブリア宮殿 獺祭
倒産寸前からトップメーカーに!!「獺祭」(だっさい)山口県・旭酒造社長の桜井博志ピンチに挑み続けた大逆転経営【カンブリア宮殿】2014年1月16日 FX自動売買、フリー〈無料〉からお金を生みだす。

こちらの情報は各百貨店のホームページにも掲載されておりません。

【新宿】小田急百貨店:鶴齢(新潟)
美味しいです。辛口をお求めの方はこちらをプッシュします。

【新宿】新宿高島屋:龍力(兵庫県)(2013年12月31日まで)
コクがあります。立っている人もイケメンです(笑)

【新宿】京王百貨店:李白(岡山県)(2013年12月31日まで)
世界にも発信されている日本酒です。今回限定品が多いとか・・・。

【恵比寿】恵比寿ガーデンプレイス三越地下2階:米鶴(山形県)(2013年12月31日まで)
バランスが良いお酒が多く、どれにするか正直毎回まよってしまいます。

【渋谷】東急東横店:獺祭(山口県)(2013年12月31日まで)
エヴァンゲリオンの葛城ミサトが飲んでいた日本酒としても注目されていますよね。

(お願い)もしお気に入りの1本がありましたら、ぜひぜひご購入してください。そして、美味しいことをツイートしてください。ぼくにツイートをしてくださった方はご返信およびリツイートさせていただきます。
(注意)泥酔であったり、ほかのお客様に絡んだりなどはしないでください。そういったことがおきますと、こちらのブログでこういった情報を今後流すことが出来なくなります
(話題?)上仙(じょうせん)さんのところから知りましたとお話されたら、いろいろと日本酒のことを教えてくださるはずです。そして、その日本酒のことを愛してください。

このページのトップヘ