日本酒 利酒師 上仙裕一

日本の伝統と文化をこよなく愛する日本酒の伝道師『利酒師 上仙裕一』のオフィシャルブログ

タグ:石川県


13010889_10205127805589418_8820328436952098074_n


千葉県に酒屋がある「いまでや」さんがプロの方、向けに開催されているセミナーです。


13043370_10205127804389388_3342749959328127123_n

天狗舞の銘柄で知られる、石川県の蔵元「車多酒造」さんのお勉強会にお邪魔させていただきました。「山廃仕込み」の先駆者としてのイメージが強いお蔵元さん。

 13006699_10205127804589393_6484193488162916713_n
「旨い」「美味しい」もさることながら、口に入れると「ホッ」とさせてくれて嬉しいのが天狗舞さんと思ってます。造りについては、社長の車多さんでさえ、杜氏さんたちから入れてもらえないという、緊張感ある姿が想像させてもらいました。

 13000172_10205127804829399_2261585918030015789_n
天狗舞はメジャーなイメージがあり、飲んだことがない方も、いらっしゃる方も多くいるかと思いますが、ぜひ一度飲んでみて欲しい日本酒です。



 


『一献の系譜』という映画があさって2015年09月26日(土)から
新宿武蔵野館で上映開始になりますが、先日ちょっと試写にお邪魔させていただきました。
http://ikkon-movie.com/

石川県の能登を舞台にした、日本酒作りの物語。
映画の内容もそうですが、テレビで見ている日本酒作りと
映画館で拝見する日本酒作りの映像がここまで違うというのを感じました。

テレビだと、「音が逃げてしまう」みたいで、
今回の日本酒造りの「臨場感」は映画館ならではという感じです。

日本酒造りの素晴らしさだけではなく、
映画館の素晴らしさまで感じてしまったという・・・。
いやあ、父に電話で感動しちゃったよって語ってしまいました。

福山雅治(マシャ)のことを大好きなのは、みなさんもご存知かと思うのですが、
彼の映画は必ず見てますが、いつも終わったあとに、ある現象が・・・「お尻が痛い」・・・。

でも、この映画は・・・「お尻が痛くなりませんでした」!
じょーせんが、お尻が痛くならなかった映画(あんま説得力がない・・・)、
26日(土)から始まるそうです。

ぼくも、もう1回です、これは(2度目行くのはエヴァンゲリオン以来です)。
http://www.musashino-ticket.jp/shinjuku/schedule/index.php


【参考】
9月26日より公開!能登杜氏を見つめたドキュメンタリー映画「一献の系譜」 - SAKETIMES

西武池袋にて石川県の「数馬酒造」さんが試飲即売会(明日04日<火>)をされています。銘柄名は「竹馬」。能登杜氏が醸されている日本酒です。
年に1回しか来られていないのでぜひぜひ!!!

社長の数馬くん(くんでだいじょぶでしょうか)はもっちーくんの同級生ということでご紹介をいただいてました。蔵の石数は約600石という蔵元さん。
数馬くんはまだ27歳という若さで社長を務めていらっしゃいます。

いらっしゃったのは蔵に入られて19年になるという府中さん!!!(聞いてかなりビックリしました・・・若い方だなーと思っていたので)
すごく気さくな方でスマイル全開です。

石川県のお酒はぼくのイメージではコクが強くて味わいがあるという印象があります。

「純米初しぼり」からいただくことに・・・。
ちょうど開栓したての状態だったのですが、フルーティーさがありながらもコクがあります。飲んだあとにちょっとパンチが来る印象です。

つぎに「しぼりたて 本醸造」を・・・。
純米に比べるとあっさりとした印象。でも飲んだあとはまだまだパンチがあります。

つづいて「無ろ過袋しぼり」を・・・
あれ・・・メモが無い(苦笑)
上の2種類よりもサッパリとしてますが、これものど越しにはガツンと来るのは変わらないです。

4番目は「純米吟醸」(もう品切れで試飲のみですが)
数馬くんが社長になられてはじめてプロデュースをされた商品だそうです。
香りもやわらかく、口に入れた瞬間華やかさがあり、口の中でもフルフルとした味わい。飲み込んだあともやわらかく、上の3種類とは別の世界。これはいままで日本酒は・・・という人も飲んでみてもらいたい1つです。

最後・・・「美歳」という銘柄・・・
うーんうーん・・・うーんうーん・・・。うーん。
っと、もし行った方、ぼくにコメントをこっそりとください。

PS:一応、お酒飲んでますが、まだワケありですべてほんのちょっと(なめる程度)ずつしか飲んじゃいけないので、2口目とかの意見が無いの許してください。

このページのトップヘ