日本酒 利酒師 上仙裕一

日本の伝統と文化をこよなく愛する日本酒の伝道師『利酒師 上仙裕一』のオフィシャルブログ

タグ:福島



渋谷東急横店(8Fのイベントフロア)にて第26回福島物産展が開かれています。
日本酒ブースもあるらしく、ぼくの後輩である鈴木さん(twitterをリンク)が専務をされている
曙酒造のブースがあるとのことです。

3種類のお酒がそろっています。

中でも注目はスノードロップ(各日24本しか無いそうですが)

本当に美味いと言うか、でも日本酒じゃないです。正直。
でも、こういうので「日本酒にも新しいジャンル」があるんだということを
知ってもらいたいと思っています(先日、鈴木さんのお父様ともそういう話をさせていただきました)。

福島の酒 全国が応援 風評被害一転、人気V字回復



福島県産の日本酒の人気が急回復している。福島第1原発事故による風評被害や物流中断の影響で、3月は売り上げが落ち込んだが、4月になって首都圏を中心に全国から注文が増加した。「福島の酒を飲んで応援したい」という顧客が多いためで、各酒造会社は「4月の売上げは昨年を上回る勢い」と話している。

大七酒造(二本松市)の倉庫には一升瓶6本入りのケースが山積み。大型トラックで連日、全国に出荷している。
担当者は「震災前より多いくらいだ」と出荷に追われる。3月の売上高は前年同月比で2割減だったが、4月は上回る見込みだ。太田英晴社長は「首都圏だけでなく、取引がなかった地方も含め全国から注文が相次いでいる」と話す。
栄川酒造(磐梯町)も3月は前年比3割減だったが、4月は一転して好調。同社は「東北の酒を応援しようと、ここ1週間ぐらいで注文が急増した」と言う。
独自の義援金シールを貼り、売り上げの一部を被災者に贈ることも決めた。担当者は「注目されるのはありがたいこと。一過性のブームに終わらせないようにしたい」と意気込む。
県内の酒造業界には4月上旬まで、原発事故による風評被害の危機感が広がっていた。県酒造協同組合は、浜通り、中通り、会津の3地方から日本酒を1本ずつ選んで検査し、放射性物質が検出されないことを公表するほどだった。
人気のV字回復について、酒卸大手の日本酒類販売(東京)は「被災した東北3県の地酒に、全国が注目している。これまで出荷が少なかった西日本でもキャンペーンが盛んになっている」と説明する。
原発事故は収束せず、多くの県民が避難したままで、県内消費は冷え込んでいる。末広酒造(会津若松市)は「県内の売り上げ減を、首都圏などの注文で補っている状況」と話す。
県酒造協同組合は「出荷先が県内中心の酒造会社も多い。本格的な回復のためには、足元の復興が不可欠だ」と地元にも期待している。
(熊谷吉信)

最終更新:4月30日(土)6時13分

◆ 酒を飲んで被災地支援
日本酒飲んで“三方よし”、愛飲家が東北の地酒「持ち込みキープ」する仕組み広がる/相模原 - カナロコ(4月25日)
福島の酒で晩酌を」-宇部の養鶏農家、配達先に呼び掛け被災地支援 /山口 - みんなの経済新聞ネットワーク(4月23日)
浜松の酒販店が「地酒試飲」チャリティー・イベント-収益金は全て寄付 /静岡 - みんなの経済新聞ネットワーク(4月26日)

◇復興しつつある被災地の酒店、酒蔵

東日本大震災:おやじの酒店、おれが 気仙沼の老舗、長男ら仮店舗で再開 /宮城 - 毎日新聞(4月28日)
被災地、希望の灯火に 宮城・気仙沼の老舗酒蔵が「復興酒」出荷へ - 産経新聞(4月15日)
宮城の「一ノ蔵」が酒造り再開 ブランド復活目指す - 47NEWS(4月18日)

◇放射性物質は検出されず
東日本大震災:県産日本酒調査 放射性物質ゼロ /福島 - 毎日新聞(4月10日)

日本の酒蔵の灯を消すな、日本酒は安全だ-大震災で東北の業者が打撃 - Bloomberg.co.jp(4月4日)

被災地の酒(Brewery of devastated area) - 東北の酒



『頑張ろう、福島!応援会』

○date○ 4月27日(水) 18:00~21:00 (受付1730)
○場所○ 千代田区神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクエア1F「DELI+CAFE」

3000円で福島県産野菜のビュッフェと、ビール、地酒、ワインなどが楽しめます。
前売りは完売ですが当日券もあります。

また、「ふるさとマルシェ」は参加自由です。
マルシェには南会津の地酒、酒かす生キャラメル、中通りの地野菜、
土湯温泉の温泉卵や、浜通りのホッキ貝、磯海苔などが並ぶみたいです

http://www.npo-noshokorenkei.jp/nsc/recruitment/fukushima0427.htmlより



花泉酒造日本酒たちは一つ前のお水で洗われたあとにこうして再びお水で漬けられて、しっかりと洗浄されて出て行きます!
今回の訪問理由がこちらにあります(さりげなく自分も写っていました)
http://www.minami-aizu.net/archives/51485108.html
【関連ページ】
・花泉酒造 福島の旅(1)
・花泉酒造 福島の旅(2)
・花泉酒造 福島の旅(3)
・花泉酒造 福島の旅(4)
・花泉酒造 福島の旅(5)
・花泉酒造 福島の旅(6)
・花泉酒造 福島の旅(7)


さきほどまで雪に眠っていた、花泉酒造のお酒たちをこうして蔵元に持ち帰り、ケースに入った雪をお水で溶かしながら、酒瓶も洗います!
今回の訪問理由がこちらにあります(さりげなく自分も写っていました)
http://www.minami-aizu.net/archives/51485108.html
【関連ページ】
花泉酒造 福島の旅(1)
花泉酒造 福島の旅(2)
花泉酒造 福島の旅(3)
花泉酒造 福島の旅(4)
花泉酒造 福島の旅(5)
花泉酒造 福島の旅(6)
花泉酒造 福島の旅(8)

このページのトップヘ