日本酒 利酒師 上仙裕一

日本の伝統と文化をこよなく愛する日本酒の伝道師『利酒師 上仙裕一』のオフィシャルブログ

タグ:花泉



左から鶴齢(新潟)、浦霞花泉



上仙は正直、リキュールがまったく分かりません・・・。



チャイナブルーです。これに上記の日本酒をいろいろと試してみたりしてます。

従来にあるカクテルになにが合うのか・・・違いが出るんですよー!!

IMG_9545.JPG
IMG_9548.JPG
前編に引き続き、岡田大介さんと試飲をさせていただきます。
といのくち 本醸造生原酒を4番目にいただきました。
なんのために作っているのか、誰にあわせたいのかもわからない。きつすぎます。罰ゲーム的なお酒のような印象がします。
お互いの話ではたいへん辛口な意見になりました。
IMG_9553.JPG
濃い!というのが第一印象の日本酒です。アルコール度数がたしかに高いのもあるのと、火入れもせず「生生(なまなま)」のお酒というのを聞いていました。
封を開けて、すこし間を置いてから味わうべきのお酒だったとおもいます。
IMG_9549.JPG
花泉の純米酒を5番目にいただきました。
酸っぱかった。お燗にするといいと聞くと抜群だと聞く。2口目でストップしてしまいそうな味わい。
お酒の飲みっぷりを見ていると「酸っぱいお酒を好む」女性は少ない。甘いか辛いか、辛いのはいるけど、酸っぱいのはいないんじゃないか。お燗でどの程度まろやかになるのだろうか。
青空市場の話を聞いていると、温度にあったのではないかな・・・という印象がある。
とお互いに意見をぶつけてみました。
こちらも封をあけたてで、まだ「じゃじゃ馬」な感じの味わいでした。今回、「お燗」をすることが出来なかったのですが、同時期に行っていた青空市場でお燗を出したところ、この純米酒は「完売」してしまいました。
舌が感じる甘味は温度が高いと感じやすくなるので、その甘味と酸の調和がお燗をしたときに、「ベストパフォーマンス」を披露してくれるのがこの純米酒ではないでしょうか。
IMG_9556.JPG
花泉のにごり酒を最後の6番目にいただきました。
ラベルの割りに美味しかった。上澄みだけだときついけど、「甘いんだけど苦い」が、ちょうどバランスがあいました。後半に飲むお酒。最初に飲んでいると、美味しくてよっぱらってしまう。岡田さんはなかなか味わったことが無い日本酒と絶賛。
お互いの意見をぶつけながらいただきました。
このにごり酒のすばらしいなと思ったのが、この日本酒で「甘いと苦い」という両方を味わえてしまい、そのバランスとギャップ感が新しい日本酒感を口の中で創造してくれる日本酒です。
おもわず、「わーー!!」と叫んでしまいました。
【総括】
私自身、試飲会であったり、蔵元さんと日本酒を酌み交わさせていただくことはありましたが、2時間、日本酒を飲みながら、こんな人に合うのではないか、こんなシーンで飲むのがいいのではないか、瓶のラベル・大きさまで1つの日本酒に対して、真剣に向き合って飲むことは初めてでした。
また、それが「飲食店側の代表」的な立場である岡田さん、対して「消費者の代表(といわせていただけるとうれしいです)」的な立場である上仙という、違った視点を持っている2人が合わさると日本酒の魅力をもっともっと引き出せる可能性を持っているのではないかと思います。
【関連ページ】
花泉酒造を利く in 酢飯屋さん 前編
酢飯屋 寿司の伝道師
朝美人 » File38 岡田大介さん(寿司職人)
【購入できる通販サイト】
南会津物産 といのくち 本醸造原酒生酒
南会津物産 花泉 純米酒
南会津物産 花泉 にごり酒

IMG_9575.JPG
わたしが大尊敬しております、寿司の伝道師の岡田大介さんと花泉酒造さんの日本酒を利かせていただきました。(こちらの表札は浅草のときのものであり、現在の江戸川橋はまた違っております)
IMG_9562.JPG
こちらの会は、2009年の03月04日に行わせていただきました。
IMG_9515.JPG
岡田さんの素敵なところは、食材の造り手の立場に立ってくださるということです。
時には網を手に魚を取り、時には器を作り、書を書き、造り手の方からすると、大変気持ちの良い方で、日本酒たちからしても、もっといろいろといじってほしいだろうなーという気持ちにさせていただける方です。
今回はご覧の6種類を試飲させていただきました。
IMG_9528.JPG
IMG_9531.JPG
透明なグラスと、陶器でいろいろと試飲させていただきました。
IMG_9535.JPG
岡田さんも思わず、「楽しみだなー」とお酒をトクトクと入れてくださいました。
IMG_9536.JPG
花泉 本醸造 辛口をまずはいただきました。
味が無かった。印象が無い。お水にちょこっとアルコールの香りがする。
いっぱい目に飲んだほうがいいというのが納得。ほかと飲むとダメ。
とお互いの話から出た意見です。ただ、このお酒はいろいろとわたしの中では考えさせられる日本酒でもあります。
まず、開けたてであったということ。この試飲は2時間に及ぶ白熱した試飲になりました。1時間半ほど経ってからいただくと、「味がのってきた感じがする」と岡田さんの口から出ました。
開けたてではまだ「眠ったままの赤ちゃん」だったのかもしれません。
IMG_9538.JPG
こちらは花泉さんの普通酒を2番目にいただきました。
まるで「みりん」みたいな味わい。岡田さんはおもわず「好きなんですよ」と一言。しかも、安いんじゃない?コストパフォーマンス高く使い勝手がよさそう。
なにかと合わせるというより、食中、食後にロックで飲んでもらいたい。この甘さを氷でうまく、和らげて飲んでもらいたい。
とお互いの話から出た意見です。
わたしも、なにか料理に合わせるというより、常温でまったりともったりとしながら、こたつかなんかに入り、みかんをたべたりしながら、ゆったりとお猪口で飲んでいたくなるような日本酒です。
IMG_9540.JPG
IMG_9541.JPG
一ロ万(ひとろまん)を3番目にいただきました。キンキンに冷える手前の温度です。
だいたいの和食には合いそうな印象がある。じゃまする華やかさより、美味しいが強い。この中では一番好き。
上に書かせていただいたのは岡田さんの意見がメインです。
わたしもこの日本酒は「旨い」と思います。ただ、旨すぎてしまうというのがこの日本酒の弱点のような気がしています。もう一杯続けていただきたいか、というと一度間を空けていただくか、一杯で終わってしまうような印象が強い日本酒です。
花泉酒造を利く in 酢飯屋さん 後編へと続きます。
【関連ページ】
酢飯屋 寿司の伝道師
朝美人 » File38 岡田大介さん(寿司職人)
【購入できる通販サイト】
花泉 本醸造 辛口 1.8L
花泉 普通酒
南会津物産 一ロ万

IMG_7427.JPG
晴天の中、12月20日(日)に開催された青空市場へ参加させていただきました。
いままでは国際フォーラムの前の広場での青空市場でしたが、今回は舞台が秋葉原です。
(国際フォーラム編:http://josen.jp/archives/cat4/post_4/
IMG_7428.JPG
国際フォーラムのときとは違って、外にいる方々も若い方々で人の流れも激しい印象です。
IMG_7435.JPG
すると入り口には・・・お茶室がありました。
IMG_7437.JPG
どっこいせっと、とできる場所です。
これは国際フォーラムの時には無くて、どこか立ち寄りたくなる雰囲気をかもし出していました。
IMG_7440.JPGのサムネール画像
中を本格的に進むと・・・ヒト、ヒト、ヒト!!!
IMG_7441.JPG
こちらはわたしがいさせていただいた南会津のブースです。
IMG_7445.JPGのサムネール画像
人の盛況具合がわかる感じしますでしょうか!
IMG_7448.JPGのサムネール画像
IMG_7448.JPGのサムネール画像
花泉を始め、南会津日本酒をこういった形でご紹介いたします!
IMG_7449.JPGのサムネール画像
ぜひ、嗜んでみてくださ~い♪
と前編はここまでで、後編へと続きます。
【関連ホームページ】
・青空市場・・・http://www.aozora-ichiba.co.jp/
南会津・・・南会津物語という「地域のもの」が購入できます。
花泉酒造・・・福島を代表する日本酒です。

南会津花泉酒造をまとめておきたいと思います。
【2009.07.11 花泉訪問】
花泉酒造 福島の旅(1)
花泉酒造 福島の旅(2)
花泉酒造 福島の旅(3)
花泉酒造 福島の旅(4)
花泉酒造 福島の旅(5)
花泉酒造 福島の旅(6)
花泉酒造 福島の旅(7)
花泉酒造 福島の旅(8)
2010.01.15 更新

このページのトップヘ