日本酒 利酒師 上仙裕一

日本の伝統と文化をこよなく愛する日本酒の伝道師『利酒師 上仙裕一』のオフィシャルブログ

タグ:nhk

NHKのあさイチ一ノ蔵さんが取り上げられました。
ほかにも2014年の日本酒「立春朝搾り」ということでほかのメディアさんで
取り上げられたものもあるので、今年はもう難しいですが、来年飲んでもらえると嬉しいです。

放送日:2014年02月28日(金)
時間:08:15~09:55
放送局:NHK総合

ピカピカ☆日本 晴れやか!酒蔵の初春 ※2月4日収録

2月4日の立春。春の始まりのこの日は二十四節気でいうところの1年の始まり。全国39の蔵元ではこの日に搾る生原酒を特別なお酒として瓶詰めし、春の訪れを祝います。宮城県内でも有数の規模を誇る酒蔵では、午前0時ちょうどに搾り作業を開始。7時過ぎには150人以上の酒販関係者が集まって、出来立ての新酒をその日のうちに店頭に並べようとラベル貼りなどの作業を手伝います。その中には、お客さんの姿もあるほど!

春とはいえ1年で最も寒さが厳しくなるこの時期は、寒仕込みの最盛期。この先1か月は大吟醸など蔵にとっての勝負の酒を仕込む時期に入るため、昔から杜氏や蔵人にとって「背筋が伸びる時期」と言われてきました。この日は蔵で働く人たちにとって、まさに一年の節目となる日。搾り立ての地酒をいただきながら、酒蔵の晴れやかな初春を紹介します。

収録場所:株式会社一ノ蔵 本社蔵

住所:宮城県大崎市松山千石字大欅14
電話:0229-55-3322(代表)
ファックス:0229-55-4513
ホームページ:http://www.ichinokura.co.jp/

番組で紹介したピカピカなもの

「宮城の日本酒」「立春朝搾りの日本酒」

問い合わせ先

株式会社一ノ蔵 本社蔵
住 所:宮城県大崎市松山千石字大欅14
電 話:0229-55-3322(代表)
ファックス:0229-55-4513
ホームページ:http://www.ichinokura.co.jp/
※ことしの立春朝搾りの販売は終了しました。

東日本大震災で、東北地方を中心に多くの酒蔵が被害を受け、東北地方の日本酒の出荷量は、一時大きく落ち込みましたが、その後の支援の動きもあり、出荷量は前の年を上回るまでに回復しています。

国税庁によりますと、東日本大震災で被害を受けた酒蔵やビールなどの工場は、東北地方や関東地方など12の県で221か所に上りました。このうち17か所は建物が倒壊するなどの大きな被害を受け、中には別の場所に移転せざるをえなかった酒蔵もあります。

日本酒造組合中央会によりますと、震災が起きたことし3月の日本酒の出荷量は、東北地方全体で前の年の8割ほどに減り、中でも被害が大きかった宮城県では55%、岩手県で61%、福島県で78%にまで落ち込みました。しかし、その後、被災地の酒を消費しようという支援の動きが広がったこともあり、出荷量は徐々に回復し、ことし8月には東北地方の6県すべてで前の年を上回りました。

一方、茨城県では、ことし8月の出荷量が前の年の60%ほどにとどまり、厳しい状況が続いています。

10月12日 17時44分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111012/t10013211061000.htmlより抜粋

このページのトップヘ